AGAの治療費は全て自己負担になります

AGA治療は保険適用外の自由診療なので治療費は全て自己負担になります。

医薬品のプロペシアは医師の処方箋が必要なので診察料は1回、3000円ほどかかることになります。

更に万有製薬の公表価格ではプロペシアが1錠250円ですから診察料と薬代の合計は、1ヶ月で1万円を超える計算になります。

市販薬にも配合されているミノキシジルは医師の診断を受けなくても買う事ができます。

ミノキシジルを5%配合している市販の育毛剤にはリアップX5がありますが価格も7000円以上とプロペシアなみです。

AGAの治療をやってみたいと思っている方は市販の育毛剤を使うよりも皮膚科の医師に診察してもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬というのは医薬品なのでドラッグストアなどで販売されている医薬部外品よりも効果が高いです。

処方される薬は保険が適用されないので市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤を使っているよりは結果が期待できますし、長い目で見れば安上がりになるかもしれません。

又、薬だけではなく日常生活でも頭皮ケアをすることによってぐっと効果が高まるのでおすすめです。

睡眠をしっかりとったりストレスを溜めないことや脂っこいものや刺激物を控えると良いでしょう。

AGA治療のガイドラインで認められているプロペシアにはAGA治療に有効な数少ない薬です。

しかし、どのような薬にも副作用があるのでプロペシアを使う前にどんな副作用があるのかを知っておきたいところです。

プロペシアの副作用で最も深刻なのが肝機能障害ですが障害の有無については血液検査で確認できますので使用前後の変化を調べることが大切です。

又、プロペシアというのは元来前立腺がんの治療薬として使われているものですので前立腺がんの検査結果の数値に誤差が生じる場合もあります。

この他にも長期間のプロペシアを服用することで男性でも乳癌を発症したりアレルギーや鬱の発症も副作用として起こり得るとされています。

ネットでAGAの治療方法について検索すると画像付きで経過報告をしている体験談を見つけることができます。

多くの場合、治療開始から3ヶ月程度で効果が表れ始めるようで定期的に経過写真を見せてくれるので成果のほどがよくわかります。

中には信憑性のほどはいかほど?というようなサイトもありますが経過だけでなく、費用や薬を紹介してくれているサイトもあるので非常に参考になります。

AGA治療を開始すると初期脱毛など特有の症状が表れることがあるので実際の体験談が記載されているとその症状はみんな一緒なんだとほっとできますよね。

AGAに関するサイトは、閲覧者数が多いようでそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いのでしょう。

AGAの治療に効果があるとされる薬にはプロペシアという内服薬やミノキシジルと呼ばれる外用薬があります。

プロペシアは男性ホルモンの生成を抑制する働きがありヘアサイクルの乱れを改善する効果があります。

ミノキシジルは血管を拡げて血行を促進させる働きがあり発毛を促進する効果が期待できます。

しかし、いずれの薬品も発毛剤として開発された薬ではなくもともとプロペシアは前立腺がんの治療薬として、ミノキシジルは高血圧の治療薬として現在も使われています。

両者とも薄毛を改善し発毛促進効果があることが発見されたので現在ではAGA治療薬として認可されているのです。

AGA治療を考えているけど何科を受診すれば良いのか分からないという人もいると思います。

AGAを治療するには基本的には投薬治療がメインとなりますので内科か皮膚科に行けばプロペシアを処方してもらえると思います。

ただし、プロペシアの処方を行っていない病院もあるので受診の前にホームページなどで確認をしたほうが確実です。

又、一般病院のお医者さんというは、薄毛治療が専門というわけではないのでAGA専門のクリニックのほうが専門性が高いのは間違いありません。

中には街の調剤薬局で買うよりはるかに安い価格で薬を処方してくれたり、メソセラピー治療も受けられたりもするので、専門クリニックの受診がお勧めです。

AGA治療のコマーシャルに起用された最初の芸能人といえば芸人さんの爆笑問題でした。

彼らがCM中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は薄毛の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このCMのおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療を行っていると言っている芸能人の方も多くいらっしゃいます。

俳優さんやアーティストの方もCMに起用されることでAGAの治療に踏み出すハードルがかなり下げられましたね。

最近ではフサフサな芸能人がCMに起用されているので違和感がありますが薄毛の人が起用されると、全然効果ないじゃんと思われてしまうのかもしれませんね。

薄毛・抜け毛にお悩みの方は、まずAGA治療は病院で診察してもらい有効性が認められている治療薬を処方してもらいましょう。

保険適用外ですので、全額実費となりますが市販薬と比べてはるかに効果があるのでおすすめです。

とはいえ、プロペシアの副作用が怖いという人にはミノキシジルというAGA治療薬がおすすめです。

この薬もプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められていますので信用していい薬と言えるでしょう。

ミノキシジルには内服薬と頭皮に塗布する外用薬があるのですが、日本国内でAGAの治療に認められているのは外用薬だけとなっています。

なるべく安くAGA治療をするのなら育毛剤を購入するのがお勧めです。

複数の製薬会社からミノキシジル外用剤が販売されており医師の診断を受けずに買う事ができます。

海外からミノキシジルを個人で輸入する人も見受けられますが安全面での保証がありませんのでやめたほうが賢明です。

頭皮の血行を改善して細胞活動を活性化させることがミノキシジルの薬効なので保険が使える医薬品で同様の効果があれば代用する事も可能です。

ぬるめのお風呂に浸かりリラックスすることや運動する事もAGA治療には有効です。

AGAは成人男性に見られる脱毛症なので女性は発症しません。

原因は男性ホルモンにあると言われており治療薬には男性ホルモンを抑制する薬が使われます。

AGA治療薬としてプロペシアという薬が使われますが、この薬品はDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで効果が発揮されます。

AGAが原因の脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していてこの成分がヘアサイクルの成長期を短くすると考えられます。

成長期が短くなると頭髪が十分に成長する前に抜けてしまうので全体的にひ弱な頭髪が多くなって薄毛が目立つようにってしまうのです。