レジスタンスラインとは?

レジスタンスラインとは、上置抵抗線とも呼ばれているもので、高値同士を結んだ線のことです。

相場の動いている方向を表すのがトレンドですが、どんなトレンドでもあがったり下がったりを繰り返しています。

全体的に下がっていても、どこかで上がってから再び下がるという動きを繰り返しています。

下がった状態から上に行こうとする原因は何なのかは、その時によってさまざまですが、その上がろうとしているあたりの価格を、レジスタンスラインと呼ぶのです。

前回のレジスタンスラインを超える動きを見せている場合、その銘柄は上昇傾向にあります。

下降することがあっても、以前に上昇した時以上の力が働いているため、その後もさらに上に進む可能性が高いからです。

逆にレジスタンスラインを抜けることができない場合は、そこから下落する可能性が高いと思って良いでしょう。

レジスタンスラインを見つけることは、とても簡単です。

チャートを見た時に大きく上下している所に線を引いていけば良いだけです。

線を引かなくても見分けることは簡単ですが、目安となるものがあれば判断しやすいものです。

レジスタンスラインは分かりやすい目安になりますが、これは絶対のものではありません。

むしろこのラインを超える状態こそが、売買のサインになると考えてください。

レジスタンスラインが破られている状態は、さらに値段が上がっていくことが予想されるので、買いサインです。

ちなみにレジスタンスラインとは正反対のものとして、サポートラインというものもあるので、こちらも含めてチェックしていきましょう。