小顔ダイエットと骨格

顔の骨格について知っておくことが、小顔になるためにダイエットをするためには重要なことです。

顔には土台となる頭蓋骨やあごの骨などの骨格があります。

よくいう小顔、大顔もまずはこの骨格が基本となっています。

顔は、もともと顔を形成する骨が大きければ、人よりどうしても大きくなってしまうものです。

どんなあごの骨の形かによっても、顔の印象はだいぶ違います。

顔が大きく見られがちなのが、あごの骨が横に広がっている、いわゆるエラの張っている人です。

あごの骨があまり発達していない人は、逆に華奢な顔つきに見えるようです。

最近では小顔ブームもあり、さまざまな小顔ダイエットが話題となっています。

ダイエット方法は大きく分けて2つあります。

マッサージや特別な表情などで顔の筋肉を刺激し、引き締めることで小顔になるダイエット方法がそのひとつです。

二つ目は顔の周りのリンパをマッサージして血行を促進させる方法です。

顔のむくみを取ることで小顔効果を高めるやり方です。

どちらの方法も顔へのダイエット効果がありますが、完璧にとはいきません。

ダイエット効果が出るのは、体のダイエットと違い顔の脂肪はもともと少ないので、あごの周りと頬が少々というのがほとんどです。

顔のサイズが大きく変わるようなダイエットではなく、表情に違いが出るというものがメインです。

サイズが大幅に小さくなるように、小顔ダイエットをして小顔を手に入れたいのであれば、矯正を骨格からするのが一番現実的といえるのではないでしょうか。