筋トレの分割法って?

筋力トレーニングの分割法とは、その名の通り全身の筋肉をいくつかに分割して、個別に鍛えていくトレーニング方法です。

例えば、月曜日は上半身、水曜日は下半身、今日が腕なら明日は脚の筋肉、といった具合に、パーツ毎に時間をずらして計画的に鍛えていくトレーニングスタイルです。

分割法には様々なメリットがあります。

鍛える部分を限定してトレーニングを行いますから、トレーニングの時間が短くても局所的に大きな効果を得られます。

短時間で様々な負荷をかけていけば、全身を一度に鍛えるよりも効率よくビルドアップの効果を得られます。

全身を同時に鍛えようとすると、どうしても疲労の蓄積が問題になります。

後半のトレーニングになるほど集中力が切れやすくなるため、効率も低下します。

分割法であればそれぞれのパーツを疲労のない状態から集中的にトレーニングできますから、結果として効率の良い筋力アップにつながります。

たとえ一部の筋肉が疲労していても、その他の部分を鍛えることで総合的な筋力が向上していきます。

オーバーワークは筋力の向上を妨げます。

分割法を採用すれば適度に筋肉を休めながらローテーションに沿ってトレーニングが出来ますから、体の故障や疲労の蓄積を予防できます。

精神的な面においても、1日あたりのトレーニング時間が短くなることでかなりの余裕が生まれます。

筋トレは「継続」が何よりも重要です。

一日にまとまった量のトレーニングをするのはかなりの忍耐を要しますが、分割法であれば少量のトレーニングをマイペースで続けていくことができます。