AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】 > AGA治療をできるだけ安くしたい

AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】

AGA治療どこがいい?当サイトでは薄毛治療・ハゲ治療に実績のあるおすすめのAGAクリニックをご紹介しています。

AGA治療をできるだけ安くしたい

AGA治療をできるだけ安くしたいのなら市販薬を使うのが良いと思います。

ミノキシジル配合の育毛剤は種類が多く薬剤師がいるドラッグストアで買う事ができます。

インターネットでミノキシジルを個人輸入することは違法ではありませんが信頼性に欠けるので、やめた方が良いと思います。

ミノキシジルの育毛効果は頭皮の血行改善によるものなので同様の効果がある保険適用薬を使えば安くすることができます。

日常生活を規則正しく送りバランスの良い食生活を送ることもAGA治療には有効です。

AGA治療のコマーシャルに起用された最初の芸能人といえばお笑いコンビの爆笑問題のお二人でした。

コマーシャル中に歌っていた「お医者さんに相談だ〜」という歌はAGAの暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このコマーシャルのおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療をしていると公言している芸能人の方も多くいらっしゃいます。

近年、CMや育毛剤にも二枚目俳優さんやロックシンガーの方も起用されてきたのでAGA治療に踏み出すハードルはかなり低くなりました。

最近ではフサフサな人がCMに起用されているので育毛の必要性のなさに違和感が拭えませんが薄毛の人が起用されると、効果を疑ってしまうのかもしれませんね。

AGAというものは男性ホルモンにより発症しますが生活習慣や食生活も大きく影響しています。

人の体というものは血液の循環によって酸素や栄養が運ばていきますので健康な身体を維持するためには血流を良くすることは大切です。

髪に必要である栄養素も血流によって運ばれてきますからAGA治療をしている人は血流の改善に努めなければいけません。

ストレスや運動不足などは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵となるほか喫煙も血管を収縮させるため薄毛治療の妨げとなります。

頭皮がうっ血してしまっている人はゆっくり入浴することなどが効果的です。

AGA治療に効果的とされている薬品には内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルという薬があります。

飲み薬であるプロペシアはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑える働きがあり乱れたヘアサイクルを改善する効果があります。

一方、ミノキシジルは血管を拡大して血行を促進する働きがあり毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させるので、発毛を促す効果が期待できます。

しかし、両方の薬とも発毛剤として開発された薬品というわけではなくもともとは、プロペシアは前立腺がん、ミノキシジルは高血圧の治療薬といして開発されました。

両者ともに、薄毛改善効果や発毛促進効果があることがわかったため今ではAGA治療薬としても用いられるようになりました。

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの影響で髪の毛の成長期が短縮されることにより発症します。

AGAになってしまうと髪が成長しきる前に脱毛してしまうので髪質が細くなったり短い髪の毛ばかりが残って薄毛が目立っていきます。

AGA治療はプロペシアという薬を使いDHTの生成を抑えることで薄毛改善を目指します。

プロペシア以外にもミノキシジルを含んだ外用薬で頭皮の血行を促進させ細胞分裂を活性化させるという治療法もあります。

服用と外用の両方の治療を併用することも可能ですが健康保険適用外なのでコストがかかってしまうのが難点です。

AGA治療薬として使われるプロペシアは処方箋をもらうために通院しなければ買う事ができません。

医薬品なので調剤薬局でなければ手に入らず保険が使えないので価格が高いことが難点でした。

近年ではプロペシアにもジェネリックが開発されたので従来と同じ成分で半額以下の薬品も販売されるようになりました。

ジェネリック医薬品とは特許期間を過ぎてから開発される医薬品で先発医薬品と同じ有効成分を使いますが飲みやすく改良されることもあります。

先発医薬品で成分の安全性は確認されていますから新規で開発する部分が少ないのでローコスト化が可能になります。

AGAの治療をやってみたいと思っている方は市販の育毛剤を使うよりも皮膚科の医師に診察してもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬は医薬品なのでドラッグストアで販売されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方される薬というのは保険が適用されないため市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤をいつまでも使うよりは確実に結果が出ます。

又、薬だけに頼らずに日々の生活でも頭皮ケアを行うことでさらに効果が上がるのでおすすめです。

睡眠をしっかりとったりストレスを溜めないことや食生活を見直してみるのも効果的です。

AGA治療に用いられるプロペシアにはAGA治療に有効とされる貴重な薬です。

ですが、薬と言う物には副作用があるので服用前にどんな副作用があるのかを知っておきたいところです。

プロペシアの副作用で最も気になるものは肝機能障害ですが障害の有無は血液検査でチェックできますから使用前後の変化を調べることが大切です。

又、プロペシアというのは元来前立腺がんの治療薬として使われているものですので前立腺がんの検査結果の数値に誤差が生じる場合もあります。

この他にも長期間の服用で男性なのですが乳癌を患ったりアレルギーやうつの発症を起こす可能性があります。

AGA治療で用いられるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛という副作用を起こすことがあります。

薄毛を直したくて治療しているのに毛が抜けるというのは薬が自分に合っていないのでは?と心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛を発症するという事は薬効がではじめたという事なのでむしろ喜びましょう。

初期脱毛で抜け落ちる毛は細く弱い髪の毛なのでそれらが抜けた後、健康で丈夫な毛が生えてきます。

初期脱毛は治療を開始してから1、2ヶ月期間と発症すると言われミノキシジルを使用した場合でも一旦不健康な毛が抜け落ちるという副作用が起こります。

AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に現れる髪の毛が薄くなってしまう症状のことを指します。

薄毛や脱毛というものは古くから男性のテーマだったようで巷にはいろいろな育毛剤が氾濫していますね。

最近やっと医療機関で治療を受けられることが普及してきましたが医療費は保険が使えない自己負担診療になります。

されど、医師が診察してAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも症状が改善する確率はグンと高くなりました。

しかし、AGA治療とは対処療法にすぎませんので、薬の使用を止めると元の薄毛状態に戻ってしまうのです。
Copyright (c) 2014 AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】 All rights reserved.
▲ページの先頭へ