AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】 > AGA治療薬のプロペシアにはAGA治

AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】

AGA治療どこがいい?当サイトでは薄毛治療・ハゲ治療に実績のあるおすすめのAGAクリニックをご紹介しています。

AGA治療薬のプロペシアにはAGA治

AGA治療薬のプロペシアにはAGA治療に有効な数少ない薬です。

しかし、どんな薬にも副作用があるのでプロペシアを使う前にどのような副作用があるのかを知っておくことが大切です。

プロペシアの副作用で最も気になるものは肝機能障害ですが肝機能障害の有無は血液検査をすることで調べることができますから使用前後の変化を確認することが大切です。

また、プロペシアは前立腺がんの治療薬でもありますので前立腺がんの検査数値に誤差が生じることもあります。

この他にも長期間の服用で男性でも乳癌を発症したりアレルギーやうつの発症を起こす可能性があります。

AGAの治療を考えている人は市販されている育毛剤を使うよりもまずは皮膚科の医師に診ててもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬というのは医薬品なので市販されている医薬部外品よりも高い効果が期待されます。

処方される薬は保険が適用されませんので市販薬より高価になってしまいますが効果の薄い育毛剤をいつまでも使うよりは確実に結果が出ます。

又、薬だけに頼らずに日々の生活でも頭皮ケアを行うことでぐっと効果が高まるのでおすすめです。

睡眠をしっかりとったりストレスを溜めないことや食生活を見直してみると良いでしょう。

薄毛にお悩みの方はAGA治療は病院で診察してもらい有効性が認められている治療薬を処方してもらいましょう。

医療保険が適用されませんので実費となるのですが市販されている薬と比較してはるかに効果が高いのでおすすめです。

効果が高いといっても、副作用が怖いという人にはミノキシジルというAGA治療薬がおすすめです。

ミノキシジルもプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められている薬ですので医学的根拠に基づいた信頼できる薬品と言えます。

ミノキシジルには外用と内服薬がありますが、日本国内でAGAの治療に認められているのは外用薬だけとなっています。

AGA治療に励もうとする場合日頃の食生活にも目を向けねばいけません。

ファストフードやコンビニ弁当ばかりと言う食生活では偏った栄養バランスや塩分過多は血行不良の原因にもなります。

日常から髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを多く摂りことを意識し亜鉛も摂取し抜け毛や白髪を予防しましょう。

ビタミンは緑黄色野菜などに多く含まれ、タンパク質はタマゴや乳製品、亜鉛はレバーに多く含まれています。

また、緑茶に含まれるカテキンは血圧の上昇を抑制してくれるほかリラックス効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGAは成人男性に見られる脱毛症なので女性の発症例はありません。

脱毛する原因は男性ホルモンにあり治療薬には男性ホルモンを抑える薬を使います。

AGA治療薬にはプロペシアが使用されますが、この薬品はジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することで効果を発揮します。

AGAの脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していることがわかっておりこの成分こそがヘアサイクルの成長期を短くする原因だと考えられます。

成長期が短いと髪が十分に発育する前に抜けてしまうので全体的に細く短い頭髪が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

AGAとは何かご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に現れる髪の毛が薄くなってしまう症状のことを指します。

薄毛や脱毛といったものは昔から男性のテーマだったようでこれまでに数多くの育毛剤や養毛剤が作られてきました。

最近ようやく医療機関で治療を受けられるようになりましたが保険が使えない自己負担診療になります。

とはいえ、医師がAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも薄毛の症状が改善する確率は大幅にアップしました。

ですが、悲しいかなAGA治療とは対処療法となりますので、処方薬の使用を中止すると元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGAはDHTと呼ばれる男性ホルモンの影響で髪の毛の成長が短くなってしまうことにより発症してします。

AGAになると髪の毛が十分に発達する前に脱毛してしまうので髪質が細くなってしまったり短い毛ばかりが残ってしまうので薄毛が目立つのです。

AGA治療はプロペシアという薬を使いDHTの生成を抑止することで薄毛を改善していきます。

その他にはミノキシジルを含んだ外用薬を用いて頭皮の血行を促進し活性化させるといった治療法もあります。

服用と外用の両方の治療を併用することも可能ですが健康保険の適用外なので結構コストがかかってしまいます。

AGA治療で用いられるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛という副作用を起こすことがあります。

念願の毛が生え始めたのに抜け落ちてしまうというのは怪しい薬なんじゃないかと不安になってしまいますね。

しかし、初期脱毛を発症するという事は薬が効き始めている証拠なので心配しなくても大丈夫です。

初期脱毛で抜けていく毛というのは不健康な髪の毛なのでそれらが抜けた後、健康な髪の毛が生えてくるようになります。

初期脱毛は治療を開始してから1、2ヶ月期間と発症すると言われミノキシジルを使用した場合でも一旦不健康な毛が抜け落ちるという副作用が起こります。

AGA治療を受けてみたいと思っているけど何科を受診すれば良いのか分からないという人はいませんか?AGAを治療するには基本的には投薬治療がメインとなりますので内科か皮膚科に行けばプロペシアを処方してもらえると思います。

しかし、プロペシアの処方を行っていないクリニックもありますので受診の前に確認しておくことをおすすめします。

又、一般の病院にいる内科医や皮膚科医はAGAを専門に診ているわけではないのでAGA専門のクリニックを受診した方が確実です。

中には、調剤薬局で買うよりずっと安い価格で薬をで処方してくれるところもありますしメソセラピー治療を受けられるクリニックなどもあります。

AGAは遺伝により大きな影響を受けますから通院や投薬で完治することはありません。

AGAになる人とならない人は個人の体質によって変わるので遺伝子レベルの治療をしない限りは完治しません。

ですから、AGA治療を中止すると再び抜毛や薄毛は再開してしまいます。

しかしながら、AGA治療薬のミノキシジルやプロペシアは医薬品なので副作用の心配がありますから、一生使い続けるのは危険です。

飲み薬であるプロペシアは男性ホルモンを抑える薬ですから結婚などのタイミングがやめどきかもしれません。
Copyright (c) 2014 AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】 All rights reserved.
▲ページの先頭へ