AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】 > AGAの治療は保険適用外ですから費用は1

AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】

AGA治療どこがいい?当サイトでは薄毛治療・ハゲ治療に実績のあるおすすめのAGAクリニックをご紹介しています。

AGAの治療は保険適用外ですから費用は1

AGAの治療は保険適用外ですから費用は100%全額自己負担です。

AGA治療が開始された当時の治療薬は万有製薬のプロペシアしかありませんでしたのでひと月で約1万円ほどの費用を要しました。

又、保険が適用されない医薬品はドラッグストアの市販薬と同じ扱いなので価格は販売店の裁量で好きに設定することができます。

ですから、処方箋薬局で購入する薬品でも価格差があり店によっては数千円の価格差があったのです。

更に診察を受けなければ処方箋はもらえませんので再診料や診察料もかかることも忘れないで下さい。

AGA治療のコマーシャルに起用された最初の芸能人といえばお笑いコンビの爆笑問題のお二人でした。

爆笑問題がCM中に歌っていた「お医者さんに相談だ〜」という歌は毛髪の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このCMによってAGAのイメージが改善されたおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療をしていると公言している芸能人の方も多くいらっしゃいます。

俳優さんやロックシンガーの方が育毛剤などのCMに起用されることも増え、AGA治療に踏み出しやすくなったのではないでしょうか。

最近ではフサフサな人がCMに起用されているので育毛の必要性のなさに違和感が拭えませんが薄毛の人が起用されると、リアルすぎて悲壮感が強いのかもしれませんね。

AGAは親から遺伝するものですから根本的に完治できるということはありません。

AGAを発症する人は遺伝子によって決まってしまうので遺伝子レベルの治療をしない限りは完治しません。

ですから、AGA治療を中止すると残念ながら、抜毛や薄毛は再開します。

そうは言っても、AGA治療薬のミノキシジルやプロペシアは医薬品なので副作用の心配がありますから、一生使い続けるのは危険です。

飲み薬であるプロペシアは肝機能障害などの副作用がありますので結婚など人生の節目がやめどきだと思います。

AGAは遺伝が影響して発症するので個人の体質が大きな要因となるのは間違いありません。

AGA治療はあくまで症状を食い止めるための対症療法にすぎないのでAGAが完治するというものではないのです。

そのため、AGA治療をストップしてしまうと再び脱毛などが発症して、次第に進行していくことになります。

とはいえ、AGA治療にも副作用が起りますから一生使い続けるのも心配があります。

ですので、ある程度の所まで改善したらAGA治療を途中でやめるのも良い方法だと思います。

AGA治療に用いられるプロペシアにはAGA治療に効果があるとされる数少ない薬です。

しかし、いかに優れた薬であっても副作用があるので服用前にどんな副作用が起きるのか知っておきましょう。

プロペシアの副作用で最も深刻なのが肝機能障害ですが障害は血液検査で調べることができますので使用前後の変化をチェックしておきましょう。

また、プロペシアは本来前立腺がんの治療薬ですから前立腺がんの検査数値に変化がみられる場合もあります。

この他にも長期間の服用で男性なのですが乳癌を患ったりアレルギーやうつの発症を起こす可能性があります。

AGA治療に励んでいる皆さんは日々の食生活にも気を付けることが大事です。

仕事が忙しいからとファストフードやコンビニ弁当が主食になっているようでは栄養が偏ってしまうのはもちろん、塩分が多くと血行不良になってしまうことも。

日常から髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを多く摂りことを意識し亜鉛もきちんと摂取し抜け毛や白髪の予防をしていきましょう。

ビタミンは緑黄色野菜などに多く含まれており亜鉛は牡蠣やレバーなどに多く含まれています。

緑茶には血圧の上昇を抑えてくれる効果だけでなくリラックス効果もあるためストレスにも有効です。

AGAというのはDHTと呼ばれる男性ホルモンが影響して髪の毛の成長が阻害されることにより発症します。

AGAになってしまうと髪が成長しきる前に脱毛してしまうので髪質が細くなってしまったり短い毛ばかりが残ってしまうので薄毛が目立つのです。

AGA治療はプロペシアという薬を使いDHTの生成を抑止することで薄毛を改善していきます。

プロペシアのほかにはミノキシジルという外用薬で頭皮の血行を促進し活性化させるといった治療法もあります。

服用と外用の両方の治療を併用することも可能ですが健康保険の適用外のため、費用が割高になってしまいます。

なるべく安くAGA治療をするのなら市販薬を使うのが良いと思います。

ミノキシジル配合の育毛剤は種類が多く薬剤師がいるドラッグストアで買う事ができます。

ネットではミノキシジルの個人輸入を紹介するサイトもありますが安全面で疑問がありますのでお勧めできません。

ミノキシジルは頭皮の血行を改善することにより育毛効果を狙っていますので同様の効果がある保険適用薬で代用することも可能です。

日常生活を規則正しく送り刺激物や香辛料を控えることもAGA治療には有効です。

AGA治療は健康保険適用外の治療なので治療費は100%自己負担となります。

プロペシアは医師の処方箋が必要な医薬品なので1回の受診で約3000円の費用がかかります。

その上、プロペシアが1錠250円(万有製薬公式価格)ですから1ヶ月で1万円を超える治療費がかかることになります。

ミノキシジルは市販薬でも配合されていますので処方箋が無くても買う事ができます。

ミノキシジルを5%配合している市販の育毛剤にはリアップX5がありますがプロペシアと同様に大きな出費がかかります。

AGAとは何かご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に見られる髪の毛が薄くなる症状のことです。

薄毛や脱毛といったものは昔から男性のテーマだったようで巷にはいろいろな育毛剤が氾濫していますね。

最近やっと医療機関で治療を受けられることが普及してきましたが自己負担診療となりますので、医療費の負担が大きくなるのは否めません。

医療費負担は大きいですが、医者の診断でAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも薄毛・抜け毛の症状が改善した人はグンと増えました。

しかし、残念ながらAGA治療とは対処療法なので、投薬治療を辞めてしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。
Copyright (c) 2014 AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】 All rights reserved.
▲ページの先頭へ