AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】 > AGA治療に効果が認められる薬品には内服薬

AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】

AGA治療どこがいい?当サイトでは薄毛治療・ハゲ治療に実績のあるおすすめのAGAクリニックをご紹介しています。

AGA治療に効果が認められる薬品には内服薬

AGA治療に効果が認められる薬品には内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルという薬があります。

プロペシアはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑制しヘアサイクルの乱れを改善する効果があります。

一方、ミノキシジルには血管を拡げ血行を促進することにより発毛を促進する効果が期待できます。

ただ、どちらの薬も発毛剤として開発されたものではなくプロペシアは前立腺がん、ミノキシジルは高血圧の治療薬として使われているものです。

両者ともに、薄毛改善効果や発毛促進効果があることがわかったため現在ではAGA治療薬として認可されているのです。

AGA治療に用いられるプロペシアにはAGA治療に有効とされる貴重な薬です。

ですが、薬と言う物には副作用があるのでプロペシアを使う前にどのような副作用があるのかを知っておくことが大切です。

プロペシアの副作用で最も気になるものは肝機能障害ですが障害の有無は血液検査でチェックできますから使用前後の変化を調べることが大切です。

又、プロペシアは元々前立腺がんの治療薬だったので前立腺がんの数値に変動が生じることもあります。

他にも長期間服用することで男性でも乳癌を発症したりアレルギーや鬱病などといった副作用の可能性も危惧されています。

安くAGA治療を行うのなら育毛剤を購入するのがお勧めです。

複数の製薬会社からミノキシジル外用剤が販売されており薬剤師がいるドラッグストアなら処方箋なしで買う事ができます。

ネットではミノキシジルの個人輸入を紹介するサイトもありますが品質面での保証が無いのでおすすめできません。

頭皮の血行を改善して細胞活動を活性化させることがミノキシジルの薬効なので同様の効果がある保険適用薬で代用することも可能です。

ぬるめのお風呂に浸かりリラックスすることや刺激物や香辛料を控えることもAGA治療には有効です。

AGA治療薬として定番のプロペシアは処方箋をもらうために通院しなければ買う事ができません。

医薬品なので調剤薬局でなければ手に入らず自由診療なので保険の適用外でした。

近年では、プロペシアのジェネリック医薬品が販売され始めたのでAGA治療開始当初の半額以下で入手することが可能になりました。

ジェネリック医薬品とは特許期間を過ぎてから開発される医薬品で先発医薬品と同じ有効成分を使いますが飲みやすく改良されることもあります。

先発医薬品で成分の安全性は確認されていますから通常20〜25年程度かかる開発期間が3年程度に短縮できるメリットがあります。

AGA治療で使用されるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛(副作用の1つ)を誘発する場合があります。

せっかく髪の毛が生え始めたのに毛が抜けるというのは怪しい薬なんじゃないかと不安になってしまいますね。

しかし、初期脱毛を発症するという事は薬効がではじめたという事なので心配しなくても大丈夫です。

初期脱毛で抜けていく毛は薄毛の病気にかかっている不健康な髪の毛なのでそれらが抜けた後、健康な髪の毛が生えてくるようになります。

初期脱毛を発症する期間は治療を開始してから1、2ヶ月期間とされておりミノキシジルを使用した場合でも同様の副作用があります。

AGAとは男性型脱毛症のことで男性に現れる頭髪が薄くなってしまう症状のことです。

薄毛や脱毛は昔から男性が抱える悩みの1つだったようで巷には数多くの育毛剤が氾濫しています。

近年、やっと医療機関で治療を受けられるようになりましたが自己負担診療となりますので、医療費の負担が大きくなるのは否めません。

医療費負担は大きいですが、医者の診断でAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販されている薬よりも症状が改善する確率はかなり高くなりました。

しかし、残念ながらAGA治療とは対処療法なので、薬の使用を止めると元の薄毛状態に戻ってしまうのです。

AGAの治療は保険適用外ですから費用は100%全額自己負担です。

日本でAGA治療が開始された時は万有製薬のプロペシアしかなくひと月で約1万円ほどの費用を要しました。

又、保険適用外の医薬品は市販の市販薬と同じ扱いとなるため値段は販売店の判断で自由に設定することができます。

そのため、処方箋薬局で購入する薬品ではありますが価格差が生じ販売するお店によって、数千円の価格差があったのです。

また、診察を受けなければ処方箋を出してもらえないため再診料や診察料も必要となります。

AGA治療に真剣に取り組むのであれば日頃の食生活にも目を向けねばいけません。

毎日忙しくてファストフードやコンビニ弁当では栄養が偏ったり塩分が多くて血行不良になってしまいます。

日頃から髪の素になるビタミンやタンパク質をしっかり撮ることを心がけ亜鉛もしっかり摂って抜け毛や白髪の予防に努めましょう。

タンパク質はタマゴや乳製品、ビタミンは緑黄色野菜など亜鉛はレバーに多く含まれています。

また、緑茶に含まれるカテキンには血圧の上昇を抑制してくれる効果だけでなくリラックス効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGAの治療をやってみたいと思っている方は市販の育毛剤を使うよりも皮膚科のドクターに診てもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬は医薬品なので市販されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方薬は保険が適用されないため市販薬より高くなってしまいますが効果の薄い育毛剤を長く使い続けるよりは結果が出ます。

又、薬だけに頼らずに日々の生活でも頭皮ケアを行うことでさらに効果が上がるのでおすすめです。

規則正しい生活を意識し、食生活を見直してみると良いでしょう。

インターネットでAGAについて検索してみると画像付きの経過報告をしているサイトを見つけることができます。

大半の方は、治療開始から3ヶ月程で効果が表れてくるようで、定期的に経過写真を上げてくれているのでAGA治療の成果がよくわかります。

中にはうさんくさいサイトもありますが経過とともに費用や使用している薬品を紹介してくれるサイトもあるので参考になります。

AGA治療を開始すると、初期脱毛などが起きたりするので実際に遭遇した体験談などが記載されていると心強いですね。

AGAに関するサイトは、閲覧者数が多いようでそれだけ薄毛に困っている男性が多いということですね。
Copyright (c) 2014 AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】 All rights reserved.
▲ページの先頭へ