AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】 > AGA治療を始めたいのだけれど何

AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】

AGA治療どこがいい?当サイトでは薄毛治療・ハゲ治療に実績のあるおすすめのAGAクリニックをご紹介しています。

AGA治療を始めたいのだけれど何

AGA治療を始めたいのだけれど何科を受診すれば良いのか分からないという人もいると思います。

AGA治療は基本的に投薬治療なのでプロペシアという内服薬を処方してもらうのなら内科か皮膚科になります。

しかし、病院によってはプロペシアの処方を行っていないところもあるので受診の前に電話などで確認しておきましょう。

又、一般病院のお医者さんはAGA治療が専門に行っているわけではありませんのでAGA専門の病院へ行った方が間違いはありません。

中には、効果が高まるよう独自調合しているクリニックやメソセラピー治療も受けられたりもするので、専門クリニックの受診がお勧めです。

AGAはDHTと呼ばれる男性ホルモンの影響で髪の毛の成長が短くなってしまうことにより発症してします。

AGAになってしまうと髪の毛が十分に成長しきる前に脱毛してしまうため髪が細くなって短い毛ばかりが残るため薄毛が目立っていきます。

AGA治療はプロペシアと呼ばれる飲み薬を服用しDHTの生成を抑止することで薄毛を治療していきます。

内服薬以外にはミノキシジルを含んだ外用薬で頭皮の血行を促進し活性化させるといった治療法もあります。

両方の治療方法を併用することも可能ですが健康保険適用外なので治療費が結構がかかってしまうのが難点です。

薄毛・抜け毛にお悩みの方は、まずAGA治療は病院で診察してもらい有効性が認められている治療薬を処方してもらいましょう。

医療保険の適用外なので費用はかかりますが市販薬と比べてはるかに効果があるのでおすすめです。

でも、プロペシアは副作用が心配で…という人にはミノキシジルという薬がオススメです。

ミノキシジルもAGA治療薬として認められているので信頼できる薬といえます。

ミノキシジルには外用と内服薬がありますが、国内でAGA治療に認可されているのは外用のものだけとなっています。

AGA治療というものは保険適用外なので費用は100%自己負担ということになります。

日本でAGA治療が開始された当初、治療薬は万有製薬のプロペシアしかなくひと月で約1万円ほどの費用を要しました。

保険適用外の医薬品はドラッグストアの市販薬と同じ扱いになりますので価格は販売店に任されています。

そのため、処方箋薬局で購入する薬品であっても価格差があり販売するお店によって、数千円の価格差があったのです。

また、処方箋をもらうためには診察を受ける必要がありますので再診料や診察料も都度発生します。

AGA治療に効果があるとされる薬品にはプロペシアという内服薬やミノキシジルと呼ばれる外用薬があります。

飲み薬であるプロペシアはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑える働きがあり乱れたヘアサイクルを改善する効果があります。

一方、ミノキシジルには血管を拡げ血行を促進することにより発毛を促進する効果が期待できます。

しかし、どちらの薬品も発毛剤として開発されたわけではなくプロペシアは前立腺がんの治療薬として、ミノキシジルは高血圧の治療薬として開発されたものでした。

両者とも薄毛を改善し発毛促進効果があることが発見されたので今ではAGA治療薬としても用いられるようになりました。

AGA治療で用いられるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛という副作用を起こすことがあります。

薄毛治療をしているのに毛が抜けるなんて変な薬なんじゃないかと心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛が発症したということは効いている証拠ですので悲観しなくて大丈夫です。

初期脱毛で抜けていく毛というのは不健康な髪の毛なのでそれらが抜けた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくるというわけです。

初期脱毛を発症する期間は治療を開始してから1、2ヶ月期間とされておりミノキシジルを使用した場合でも弱く細い毛が抜けるといった副作用があります。

AGA治療薬のプロペシアにはAGA治療に有効な数少ない薬です。

ですが、薬と言う物には副作用があるのでプロペシアを使う前にどういった副作用が起きる可能性があるのか知っておきましょう。

プロペシアの副作用で深刻度が高いものといえば肝機能障害ですが肝機能障害の有無は血液検査をすることで調べることができますから使用前後の変化を確認することが大切です。

又、プロペシアというのは元来前立腺がんの治療薬として使われているものですので前立腺がんの検査結果の数値に誤差が生じる場合もあります。

この他にも長期間のプロペシアを服用することで男性でも乳癌を発症したりアレルギー等の発症も危惧されています。

AGA治療に効果が高い薬品には内服薬のプロペシアやミノキシジルを含んだ塗り薬が使われます。

医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて処方箋や指示書を出してもらわなければ入手できません。

ミノキシジル配合の育毛剤は処方箋が不要なので薬剤師がいる薬局やドラッグストアで買う事ができます。

ミノキシジルには内服薬もありますが日本でAGA治療に認可されているのは塗り薬だけです。

ミノキシジル内服薬は個人輸入が可能ですが健康被害に遭っても自己責任なのでお勧めすることはできません。

AGA治療に真剣に取り組むのであれば日頃の食生活にも目を向けねばいけません。

ファストフードやコンビニ弁当ばかりでは栄養が偏ったり塩分が多くて血行不良になってしまいます。

日頃から髪の素となるタンパク質やビタミンを多く摂取するようにし亜鉛も摂取し抜け毛や白髪を予防しましょう。

タンパク質はタマゴや乳製品などに亜鉛は牡蠣やレバー、牛肉などに多く含まれています。

緑茶には血圧の上昇を抑えてくれる効果だけでなくリラックスさせてくれる効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGA治療薬として有名なプロペシアは処方箋がなければ買う事が出来ないので通院する必要があります。

医薬品なのでドラッグストアで販売されておらず自由診療なので高価なことが難点でした。

近年ではプロペシアにもジェネリックが開発されたので従来の半額以下まで価格が引き下げられるようになりました。

ジェネリック医薬品はドイツやイギリスなどで広く普及しており先発医薬品と同じ有効成分を使いますが飲みやすく改良されることもあります。

先発医薬品で厳しい基準をクリアしていますから短期間で開発できコストが抑えられるので安価で提供できるのです。
Copyright (c) 2014 AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】 All rights reserved.
▲ページの先頭へ