AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】 > AGAは遺伝の影響を強く受けるので治療

AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】

AGA治療どこがいい?当サイトでは薄毛治療・ハゲ治療に実績のあるおすすめのAGAクリニックをご紹介しています。

AGAは遺伝の影響を強く受けるので治療

AGAは遺伝の影響を強く受けるので治療で完治するものではありません。

AGAになる人とならない人は個人の体質によって変わるので遺伝子治療をしない限りはAGAは完治しません。

従って、AGA治療をやめてしまえば残念ながら、抜毛や薄毛は再開します。

そうは言っても、AGA治療薬のミノキシジルやプロペシアは医薬品なので副作用がありますから、一生使い続けるのも問題があります。

内服薬であるプロペシアでEDになる可能性もありますから結婚などのタイミングがやめどきかもしれません。

AGAの治療は市販されている養毛剤や育毛剤を使うよりも皮膚科のドクターに診てもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬は医薬品なのでドラッグストアで販売されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方薬は保険が適用されないため市販薬より高くなってしまいますが効果の薄い育毛剤をいつまでも使うよりは確実に結果が出ます。

又、薬だけに頼らずに日々の生活でも頭皮ケアを行うことで一層、効果があがるのでおすすめです。

規則正しい生活はもちろんのこと、ストレスを溜めないことや脂っこいものや刺激物を控えると良いでしょう。

AGAとは具体的にどのようなものかご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に現れる髪の毛が薄くなってしまう症状のことを指します。

薄毛や脱毛は昔から男性のテーマだったようで巷にはいろいろな育毛剤が氾濫していますね。

最近やっと医療機関で治療を受けられることが普及してきましたが医療費は保険が使えない自己負担診療になります。

されど、医師が診察してAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも症状が改善する確率はグンと高くなりました。

ただし、AGA治療とは対処療法ですから、処方薬の使用を辞めてしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGA治療薬として有名なプロペシアは処方箋がなければ買う事が出来ないので通院する必要があります。

医薬品なのでドラッグストアで販売されておらず保険がきかないので価格が高いことがデメリットでした。

近年ではプロペシアにもジェネリックが開発されたので従来と同じ成分で半額以下の薬品も販売されるようになりました。

ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品と同じ有効成分を使いますが飲みやすく改良されることもあります。

先発医薬品の有効成分を使って同じ効果と安全性を確保すればいいのですから、新規で開発する部分が少ないのでローコスト化が可能になります。

AGA治療には飲み薬のプロペシアや塗り薬ではミノキシジルを配合した医薬品が使われます。

プロペシアは病院を受診して処方箋を発行してもらわなければ買う事ができません。

ミノキシジル配合の育毛剤は処方箋が不要なので病院へ行かなくても買う事ができます。

ミノキシジルには内服薬もありますが国内では塗り薬だけがAGA治療薬として認可されています。

ミノキシジル内服薬は個人輸入が可能ですが品質や安全面を考えると決してお勧めすることはできません。

AGA治療は保険適用がない自由診療なので治療費は100%自己負担となります。

プロペシアは医薬品なので医師の処方箋が必要なため1回あたり約3000円の診察料がかかります。

加えて、プロペシア1錠が250円(万有製薬公式価格)しますから1か月(30錠)で7
500円かかるため合計で1か月1万円以上かかる計算になります。

ミノキシジルは市販の育毛剤にも使われていますから薬剤師がいるドラッグストアなら問題なく買う事ができます。

市販の育毛剤にはミノキシジルを配送している製品もありますがこちらもプロペシアと同じくらい高価な育毛剤です。

AGAは成人した男性に現れる脱毛症で女性で発症する例はありません。

脱毛の原因は男性ホルモンにあるとされていて治療薬には男性ホルモンを抑制する薬が使われます。

AGAの治療薬にはプロペシアが使われますが、この薬品はDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えることで効果が発揮されます。

AGAが起因する脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していることがわかっておりこの成分のせいでヘアサイクルの成長期が短くなってしまうと考えられます。

成長期が短いと髪が十分に発育する前に抜けてしまうので全体的にひ弱な頭髪が多くなって薄毛が目立つようにってしまうのです。

AGA治療は保険適用外になりますので費用は全額自己負担になってしまいます。

AGA治療が開始された当時の治療薬は万有製薬のプロペシアしかありませんでしたので1ヶ月で1万円近くの費用が掛かってしまうのが普通でした。

保険適用外の医薬品はドラッグストアの市販薬と同じ扱いになりますので価格は販売店の判断で設定することができます。

そのため、処方してもらう薬品であっても価格差が生じ薬局によっては数千円の価格差が出ることもありました。

更に処方箋をもらうためには診察を受けなければならないので再診料や診察料も都度発生します。

AGA治療に効果が認められる薬品にはプロペシアという内服薬やミノキシジルと呼ばれる外用薬があります。

飲み薬であるプロペシアはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑える働きがありヘアサイクルの乱れを改善する効果が期待できます。

ミノキシジルは血管を拡大して血行を促進することにより毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化して発毛を促進する効果があります。

しかし、いずれの薬品も発毛剤として開発された薬ではなくプロペシアは前立腺がん、ミノキシジルは高血圧の治療薬として使われているものです。

どちらの薬にも、薄毛改善効果や発毛促進効果があることが認められたので現在ではAGA治療薬としても処方されるようになりました。

AGAというのはDHTと呼ばれる男性ホルモンが影響して髪の毛の成長期が短縮されることにより発症します。

AGAになってしまうと髪の毛が十分に成長しきる前に脱毛してしまうため髪が細くなって短い毛ばかりが残るため薄毛が目立っていきます。

AGA治療はプロペシアと呼ばれる内服薬を使いDHTの生成を抑止することで薄毛を治療していきます。

プロペシアのほかにはミノキシジルという外用薬で頭皮の血行を促進して細胞分裂を活性化する治療法もあります。

治療を併用することも可能ですが健康保険の適用外なので結構コストがかかってしまいます。
Copyright (c) 2014 AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】 All rights reserved.
▲ページの先頭へ