AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】 >

AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】

AGA治療どこがいい?当サイトでは薄毛治療・ハゲ治療に実績のあるおすすめのAGAクリニックをご紹介しています。
写真

AGA治療とは?分かりやすく

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンの影響で髪の成長期が短縮されることにより症状が現れます。

AGAになると髪の毛が十分に発達する前に脱毛してしまうので髪質が細くなってしまったり短い毛ばかりが残ってしまうので薄毛が目立つのです。

AGA治療はプロペシアという薬を使いDHTの生成を抑止することで薄毛を改善していきます。

プロペシア以外にもミノキシジルを含んだ外用薬で頭皮の血行を促進して細胞分裂を活性化する治療法もあります。

治療を併用することも可能ですが健康保険の適用外のため、費用が割高になってしまいます。

AGA治療薬として定番のプロペシアは処方箋をもらうために通院しなければ買う事ができません。

市販薬とは異なるのでドラッグストアでは取り扱いがなく保険が使えないので価格が高いことが難点でした。

最近ではプロペシアでもジェネリックが販売されるようになり従来の半額以下まで価格が引き下げられるようになりました。

ジェネリック医薬品はドイツやイギリスなどで広く普及しており先発医薬品と同じ有効成分を使いますが飲みやすく改良されることもあります。

先発医薬品で成分の有効性は実証されていますから開発コストが削減できるため従来の2〜5割で販売できるのです。

ネットでAGAの治療方法について検索すると画像付きの経過報告をしているブログやSNSを見つけることができますよね。

ほとんどの場合、治療開始から3ヶ月程度で効果が表れてくるみたいで定期的に経過写真を上げてくれているのでAGA治療の成果がよくわかります。

中には信じがたいサイトもありますが経過とともに治療費や薬、体験談などを紹介しているサイトもあるので参考になります。

AGA治療を開始すると初期脱毛など特有の症状が表れることがあるので実際の体験談が記載されているとその症状はみんな一緒なんだとほっとできますよね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いようでそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いのでしょう。

AGAとはどういったものかご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで男性に現れる頭髪が薄くなってしまう症状のことです。

薄毛や脱毛といったものは昔から男性のテーマだったようで巷には数多くの育毛剤が氾濫しています。

最近ようやく医療機関で治療を受けられるようになりましたが保険が使えない自己負担診療になります。

それでも、医師が診察してAGA専用の治療薬を処方してくれますから市販薬よりも薄毛の症状が改善する確率は大幅にアップしました。

ただし、AGA治療とは対処療法ですから、投薬治療を辞めてしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。

薄毛にお悩みの方はAGA治療は病院で診察してもらい治療薬を処方してもらうことが大切です。

医療保険の適用外なので費用はかかりますが市販されている薬と比較してはるかに効果が高いのでおすすめです。

効果は高くても副作用が心配で…という人にはミノキシジルというAGA治療を使うのも良いでしょう。

ミノキシジルもプロペシアと同様にAGA診療ガイドラインで認められている薬ですので医学的根拠に基づいた信頼できる薬品です。

ミノキシジルには頭皮に塗布する塗り薬と内服薬がありますが、日本国内でAGAの治療に認められているのは外用薬だけとなっています。

AGA治療は保険適用外なので費用は全額自己負担になってしまいます。

日本でAGA治療が開始された当初、治療薬は万有製薬のプロペシアしかなくひと月1万円近くの費用がかかりました。

保険適用外の医薬品はドラッグストアの市販薬と同じ扱いになりますので値段は各販売店で自由に設定することができます。

ですから、処方箋薬局で購入する薬品でも価格差があり店によっては数千円の価格差があったのです。

また、処方箋を出してもらうためには診察を受けなければいけませんので薬代以外にも、再診料や診察料もかかります。

AGA治療で使用されるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛と呼ばれる副作用を起こすことがあります。

薄毛治療をしているのに毛が抜けるというのは怪しい薬なんじゃないかと不安になってしまいますね。

しかし、初期脱毛は薬が効いてきている証でもありますのでむしろ喜びましょう。

初期脱毛で抜けていく毛というのは不健康な髪の毛なのでそれらが抜けた後に健康で丈夫な髪の毛が生えてくるというわけです。

初期脱毛を発症する期間は治療を開始してから1、2ヶ月期間とされておりミノキシジルを使用した場合でも弱く細い毛が抜けるといった副作用があります。

AGAを治療をする場合市販の育毛剤を使うよりもまずは皮膚科医に診察してもらうことをおすすめします。

病院で処方してくれる薬は医薬品ですので市販されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方される薬は保険が適用されないので市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤を長く使い続けるよりは結果が出ます。

それから、薬だけに頼らずに日常生活でも頭皮ケアをすることを心がけることでさらに効果が上がるのでおすすめです。

睡眠をしっかりとったりストレスを溜めないことや脂っこいものや刺激物を控えてみてはいかがでしょう。

AGA治療のCMに起用された最初の芸能人は芸人さんの爆笑問題でした。

爆笑問題の二人がコマーシャル中に歌っていた「お医者さんに相談だ〜」という歌は薄毛の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

AGAのイメージが改善されたおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療をしていると公言している芸能人の方も多くいらっしゃいます。

俳優さんやアーティストの方もCMに起用されることでAGA治療に踏み出すハードルはかなり低くなりました。

最近ではフサフサな人がCMに起用されているので育毛の必要性のなさに違和感が拭えませんが薄毛の人が起用されると、効果を疑ってしまうのかもしれませんね。

AGAは成人男性に見られる脱毛症なので女性が発症するケースはありません。

脱毛してしまう原因は男性ホルモンが起因しているとして治療には男性ホルモンを抑制する薬が用いられます。

AGAの治療にプロペシアという薬品が使用されますが、この薬品はジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することで効果を発揮します。

AGAが起因する脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していることがわかっておりこの成分がヘアサイクルの成長期を短くすると考えられます。

成長期が短いと頭髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまうので髪全体に細く短い毛が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

できるだけ安くAGA治療をしたいのなら

できるだけ安くAGA治療をしたいのなら育毛剤を使うのが良いと思います。

複数の製薬会社からミノキシジル外用剤が販売されており薬剤師がいる薬局なら処方箋なしで買うことができます。

インターネットでミノキシジルを個人輸入する人もいるようですが信頼性に欠けるので、やめた方が良いと思います。

ミノキシジルは頭皮の血行を改善することにより育毛効果を狙っていますので保険適用薬で同様の薬効があれば代用することも可能です。

ぬるめのお風呂に浸かりリラックスすることや飲酒を控えることもAGA治療には有効です。

AGAは遺伝により発症するため個人の体質が肝となるのは間違いありません。

AGA治療は症状を食い止めたり改善するだけの対症療法なので根本的に完治はありません。

ですから、AGA治療を一旦止めてしまうと再び脱毛や薄毛が進行していくことになります。

しかし、AGA治療薬も医薬品なので副作用がありますから一生使うというのも心配がありますし、費用もばかになりません。

ですから、ある程度納得できるレベルまで薄毛が改善したと思ったらAGA治療を途中でやめるというのも1つの方法です。

AGAの治療を考えている人は市販されている育毛剤を使うよりも皮膚科の医師に診察してもらうことをおすすめします。

病院で処方される薬というのは医薬品なので市販されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方される薬というのは保険が適用されないため市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤をいつまでも使うよりは確実に結果が出ます。

又、薬だけに頼らずに日常生活でも頭皮ケアをすると一層、効果があがるのでおすすめです。

規則正しい生活を意識してストレスを溜めないことや脂っこいものや刺激物を控えてみてはいかがでしょう。

AGAは親から遺伝するものですから根本治癒することはありません。

AGAになる人は遺伝子を引き次いでしまっているので遺伝子治療をしない限りはAGAは完治しません。

従って、AGA治療を中断すると再び抜毛や薄毛は再開してしまいます。

しかしながら、AGA治療で使われるプロペシアやミノキシジルは医薬品なので副作用が心配ですから、一生使い続けるのはやめるべきだと思います。

飲み薬であるプロペシアは男性ホルモンを抑える薬ですから結婚などのタイミングがやめどきかもしれません。

AGA治療のガイドラインで認められているプロペシアにはAGA治療に有効な数少ない薬です。

ですが、どんな薬にも副作用があるのでプロペシアを使う前にどんな副作用があるのかを知っておきたいところです。

プロペシアの副作用で最も気になるものは肝機能障害ですが障害は血液検査で調べることができますので使用前後の変化をチェックしておきましょう。

又、プロペシアはそもそもが前立腺がんの治療薬ですから前立腺がんの数値に誤差が生じる可能性もあります。

この他にも長期間のプロペシアを服用することで男性でも乳癌を発症したりアレルギーや鬱病などといった副作用の可能性も危惧されています。

AGA治療に有効なプロペシアは処方箋がなければ買う事が出来ないので通院する必要があります。

医薬部外品のようにドラッグストアで販売されておらず自由診療なので保険の適用外でした。

近年ではプロペシアにもジェネリックが開発されたので従来の半額以下で同じ効き目の薬品を手に入れる事が可能になりました。

ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品と同じ有効成分を使いますが味や形状を変えることもあります。

先発医薬品で厳しい基準をクリアしていますから通常20〜25年程度かかる開発期間が3年程度に短縮できるメリットがあります。

AGA治療に本気で取り組む方は日頃の食生活にも気を付けなければいけません。

ファストフードやコンビニ弁当ばかりと言う食生活では栄養が偏ったり塩分が多くて血行不良になってしまいます。

日頃から髪の素になるビタミンやタンパク質をしっかり撮ることを心がけ亜鉛もきちんと摂取し抜け毛や白髪の予防をしていきましょう。

ビタミンは緑黄色野菜などに多く含まれ、タンパク質はタマゴや乳製品、亜鉛はレバーや牛肉などに多く含まれています。

緑茶に含まれるカテキンは血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックスさせてくれる効果もあるのでストレスに悩まされている方にオススメです。

AGAとは具体的にどのようなものかご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に見られる髪の毛が薄くなる症状のことです。

薄毛や脱毛は昔から男性のテーマだったようでこれまでに数多くの育毛剤が生み出されてきました。

最近ようやく医療機関で治療を受けられるようになりましたが自己負担診療のため、医療費が重くのしかかります。

されど、医師が診察してAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも症状が改善する確率はグンと高くなりました。

しかし、残念ながらAGA治療とは対処療法なので、投薬治療を辞めてしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。

薄毛・抜け毛にお悩みの方は、まずAGA治療は病院で診察してもらい薄毛治療薬を処方してもらうことから始めましょう。

保険適用外のため費用はかかってしまいますが市販薬よりずっと効き目がありますのでおすすめです。

でも、プロペシアは副作用が心配で…という人にはミノキシジルというAGA治療を使うのも良いでしょう。

プロペシアと同様にミノキシジルもAGA診療ガイドラインで認められているので信用していい薬と言えるでしょう。

ミノキシジルには頭皮に塗布する外用と服用する内服薬がありますが、日本国内でAGAの治療に認められているのは外用薬だけとなっています。

AGA治療に効果があると言われている薬品にはプロペシアという内服薬やミノキシジルと呼ばれる外用薬があります。

飲み薬であるプロペシアはAGAの原因と言われる男性ホルモンの生成を抑える働きがあり育毛サイクルの乱れを改善してくれるという効果があります。

ミノキシジルは血管を拡大して血行を促進することにより発毛を促進する効果が期待できます。

しかし、どちらの薬品も発毛剤として開発されたわけではなくプロペシアは前立腺がんの治療薬として、ミノキシジルは高血圧の治療薬として開発されたものでした。

両者とも薄毛を改善し発毛促進効果があることが発見されたので今ではAGA治療薬としても用いられるようになりました。

Copyright (c) 2014 AGA治療どこがいい?副作用は?【おすすめの安いAGAクリニック】 All rights reserved.
▲ページの先頭へ